mooi-mooi

MENU
編集部より

mooi-mooi 6号記事に関しましての訂正とお詫び。

6号の「長い冬を楽しくすごそう」のP9に間違いがありました。
ボンママシリーズのフィナンシェとして紹介しましたが、掲載されている写真はマドレーヌが正しいです。訂正してお詫びします。ご迷惑をおかけしました。

ボンママシリーズにはフィナンシェもあります。こちらもおいしいので、見かけたらぜひ試してみてください。



(画像はメーカーサイトより引用)

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村  ☆ クリックしていただけると励みになります ☆
編集部より

ユトレヒトの配布場所のお知らせ

mooi-mooiを配布してくださるお店さんは、アムステルダム、アムステルフェーンだけではありません!

ユトレヒトでは、東方行さんも置いてくださってます。
ユトレヒトのみなさん、お買い物の際はぜひお持ち帰りください。





来週にはデン・ハーグでも新しい設置場所が増える予定です。

また設置が完了しましたらお知らせします!

mooi-mooi 編集部

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村  ☆ クリックしていただけると励みになります ☆
編集部より

mooi-mooi新刊 6号 発行になりました!

読者の皆様におかれましては2018年をつつがなくお過ごしかと存じます。
モイモイは2度目のお正月を迎えました。
これも、読者と広告主の皆様のおかげでございます。
ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

mooi-mooi6号、1月10日に発行いたしました。

ただいま、スタッフ総出で配布先にお届けしております。
囲碁会館をはじめとし



1/12現在配布完了場所は

DANKさん
MIYABI Hair Salonさん
シーラ ヘルダーランドプレインさん
シーラ ウェストバイクさん
たぬき ヘルダーランドプレインさん
チューリップ学園さん




ジャパンクリニックさん



Lidy's ceramic lessonさん

伊勢屋さん




SUBZEROさん
ハーグ市役所
お好み焼きいし井さん
アイラッシュさん
博多せんぱちさん


などなどです。

今後もまだまだ設置場所は増えていきます
(スタッフが少ないので、一度に配送しきれずすみません)

今号は読みやすさ重視でリニューアルされたデザインになっております。
ぜひお手に取ってご覧ください。

ご意見・ご感想、お待ちしております。

mooi-mooiスタッフ一同

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村  ☆ クリックしていただけると励みになります ☆
編集部より

アムステルダム ライトフェスティバル in 2018

12月4日、Amsterdaminbusinessさんのご招待を受けて、ボートからライトフェスティバルを見学しました。

アムステルダムの冬の最大イベントとしてすっかり定着したライトフェスティバル。
ライトフェスティバルと聞いて、夜空を飾るイルミネーションやキラキラディスプレイを想像する人もいるかと思います。ところがどっこい、ライトフェスティバルは夜のまち、運河に浮かび上がるアート作品の展示なのです。昨年、個人的に歩いて回ったのですが、芸術性の高さや演出は、光でまぶしいだけではなく、アートな輝きに満ちていたのでした。

ライトフェスティバルは、陸と運河に分けられており、陸はサイエンス・センターNEMOがあるエリアに15作品、運河はヘーレングラフトを中心に21の作品が展示されています。オランダ人だけではなく、世界各国のアーティストが参加しています。毎年テーマが設けられているのですが、今年のテーマはExistential。日本語では「実存主義」という意味です。光がもつ根源的なエレメントと私たちが日々必要とするものや夢が出会うさまを表現するのだそうです。さすがコンセプトなオランダ。わかるようでわかりません(笑)。

印象深かった作品をご紹介しましょう。

2Q8A9519apple_tn.jpg
アメリカからの作品「MYTH」。時間を追って平行、垂直にラインが交互にゆっくりと次第に早く光ります。文字に見えたり、記号に見えたり、何かメッセージを訴えかけてくるようです。


アムステル川からヘーレングラフトに入る橋がキラキラと光っています。発光体の生き物のように光が瞬き…
2Q8A9522apple_tn.jpg


ボートが通り抜けます。あまりの美しさに船内からため息がもれます。オランダの作品です。
2Q8A9542apple_tn.jpg



運河の護岸壁に何やら色のテープのようなものが。オランダの作品「LIFELINE」です。音によって反応する仕掛けになっており、試しに船床を踏み鳴らしたところ、ウェイブが大きくなりました。目に見えないものを見えるようにするというコンセプトで作られた作品だそうです。
2Q8A9582apple_tn.jpg


しばらくすると「見上げてください」という案内とともにボートの天井が開きました。オランダの作品「CITYGAZING AMSTERDAM」。アムステルダムの地図をLEDが光らせたワイヤで表現しています。飛行機から見下ろせるアムステルダムの様子を船から見上げるという、オランダらしいウィットに富んだ作品です。
2Q8A9626apple_tn.jpg


船がOosterdokに出ると、イギリスのデザインスタジオの作品「INFINITA」が清冽な美しさをたたえて運河に浮いていました。よく目を凝らしてみると複雑な構造になっているのがわかります。
2Q8A9777apple_tn.jpg


サイエンス・センターNEMOには、灯台のプロジェクトマッピングが映し出されていました。キラキラと光る作品が多い中で、ストーリー性を感じさせる作品です。
2Q8A9811apple_tn.jpg


ボートは再びヘーレン運河に入ります。海面レベルの上昇を表現した「LIGHT WAVE」(上)、自然界が見せる不思議を表現した「LIGHT MATTERS」(下)。青で表現された光は夜との親和性が高く、静かで幻想的な空間に見とれてしまいます。
2Q8A9844apple_tn.jpg

2Q8A9873apple_tn.jpg


ライトフェスティバルの作品の加え、心をとらえたのは、運河から見る夜のカナルハウスです。窓からもれる光が水面に映り、作品群と一体となってアムステルダムの運河を美しく演出していました。
2Q8A9501apple_tn.jpg


運河の展示は2018年1月21日、陸は1月7日までの展示です。ぜひ出かけてみてください!

撮影:原田 篤
ウェブサイト:https://salon.io/atsushi-harada-photography










にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村  ☆ クリックしていただけると励みになります ☆
編集部より

ジャパンフェスティバルにmooi-mooi shop初出店!

https://www.ayakaono.com/2017年10月8日(日曜日)、アムステルフェーンのstadspleinでJapan Festival 2017が開催されました。Japan Festivalはヨーロッパの日本系のフェスティバルのなかでも最大級の規模だそうで、2016年実績で2万人以上が来場したそうです。mooi-mooiもこのフェスティバルに参加すべく、広告主や関係者のみなさんとブースを設置。

今回ブースに出店したのは、パティシエ加藤さんのMARI KATO SUGAR CAKES、ドライバーサービス、Honey Mocoを運営している村上さん、イラストレーターのAyaka Onoさん、フェイス&ボディペインティングのKaijuu Temporary Artの皆さんとmooi-mooiです。
土曜日の雨が持ち越されるかと心配したのですが、当日はたまに太陽がのぞく秋晴れとなりました。ラッキー!

FJ 20171008(10)

ブースの名前はmooi-mooi shop。特設ステージから聴こえてくる太鼓演奏の懐かしい爆音をお腹に感じながらスタート! スタッフが夜なべして作った看板を掲げたのですが、撮る暇もなく12時スタート直後から来場者が大勢やってきました。

来場するオランダ人たちはMaccha、Origami、Sushi、Obiは普通に使う単語のようで、一切説明がいりません。さすが日本のお祭りです。

JF01 20171008
Lekker!(おいしい)と麻里さんのクッキーがおもしろいように売れていきます

FJ02 20171008
Honey Mocoさんは絹のランチョンマット、掛け軸、クッションなどを販売。Mooi(きれい)と感嘆の声が

FJ03 20171008
Ayaka Onoさんのテーブルでは折り紙のピアスをプレゼントに買う人々が次々と

FJ 20171008 (45)
ボディペインティングの怪獣さんのテーブルも長蛇の列が


AゾーンとBゾーンに分かれたテントでは、たこ焼き、お好み焼き、和牛焼肉、寿司などの食べ物ブースが彩り豊かに並び、どこもかしこも長い列ができています。日本食は人気の高さを改めて感じます。
FJ 20171008 (33)


東京、大阪に分かれたステージでも太鼓からはじまり、ダンス、よさこい、尺八、歌謡ショー、空手、剣道など様々な催しが行われています。

FJ 20171008(11)
日本の曲をオランダ人が熱唱!

ステージを取り囲むように設営されたテントでは、オランダですでに浸透している企業もがんばっています。日本から地方自治体も参加しています! すごいですね。
FJ 20171008(9)
キッコーマン。オランダ工場が稼働したのは1997年のことだそうです。オランダの食卓に浸透しているお醤油です

FJ 20171008 (25)
佐賀県から。オランダ人から学んだという説がある丸ぼうろの実演。江戸時代、佐賀の人たちが見たのはeierkoek(卵クッキー)だったのかな?

mooi-mooiブースも切れ目なくいろんな人たちが訪れてくれました。「日本語は読めないけど…」と興味深く冊子をめくってくれた、オランダ人&中国人&インド人&インドネシア人&その他の国の方々に「読めなくても、イメージ写真も多いから、ぜひ楽しんでください!」とmooi-mooiをお渡しし、日本の方には、知っている人にはもっていないバックナンバーを、知らない人には初めましてのご挨拶とともに最新号をお渡ししました。

mooi-mooiという冊子をきっかけにオランダへの窓口が広がる、mooi-mooiにご協力いただいている方たちが発信したいモノ、コトを、知りたい人に届ける。そんな願いを元に1年前から活動を開始しました。飛躍的に日本のプレゼンスが高まっているなか、そんな背景も後押しして少しずつですが前進していることを実感できたフェスティバルでした。これからもよろしくお願いします&来年もがんばるぞ!

FJ 20171008(12)
おまけ。mooi-mooiテーブルにて











にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村  ☆ クリックしていただけると励みになります ☆
このカテゴリーに該当する記事はありません。